So-net無料ブログ作成

安倍晋三 子供 いない?世間の子育てに関心がもてるか? [政治]

まいどぉ~おおきに~!!

安倍晋三 子供 いない?世間の子育てに関心がもてるか?

安部.JPG

安部晋三内閣総理大臣には子供がいないかどうか?
安部晋三の妻は安部昭恵(51歳)です。
出会いは職場の上司の知り合いで紹介されたのが安部晋三。

1987年の6月に結婚して現在まで第一子が産まれていません。
子供が出来にくい身体なんでしょうか?
不妊治療や養子縁組を試みたこともあったらしいですね。

すでに51歳ですから、
さすがに自力で子は産めないと思います。
総理大臣として安部晋三はやはり子孫を残したい?と思います。

養子縁組を提案したのは、安部晋三の方からでした。
「アメリカでは子供が欲しい人が不妊治療をしても妊娠できなかった場合、
養子をもらうことが一般的で、低年齢出産問題を解決するためにも
私達夫婦がまず行動に移したらどうだろうか?」

これに対して、昭恵夫人は考えに考えた結果
子育てに自信が持てないとの理由に断念したらしいです。
安部晋三も政治家である以上、子供優先ではないのは仕方ないですが
子供の存在が時には邪魔になる場合もあると思い受け入れています。

世間の子育てに関心をもてるのか??

安部晋三は子供がいないため、子育てをしている国民の関心が
あまりないように思われています。
ですが子供がいないのはいらないからではなく欲しくても出来ないという
感じですので逆に子育てや子供に関心が高いのではないかと思います。

不妊に苦しんでいる夫婦の気持ちは充分分かっているでしょう。
家族の圧力や義理親からの圧力も当然少しはあったと思います。

今では昭恵夫人は子供のいない(出来ない人)に向けて何か出来るのではないかと
考えておられますね!!

安部夫婦は仲が良いいと有名です。
当時は子供ができない事に対して凄い苦しみがあったらしいですが、
現在は「子供がいなくても」という考えになっているみたいですね!!

内閣総理大臣にもなった人が夫婦円満じゃなければどうなのかなって、
妻一人幸せに出来ない総理大臣が日本国民を幸せにできるわけがないですきっと!!

ふふふ.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

韓国 従軍慰安婦問題 橋下 徹  [政治]

まいどぉ~おおきにやでぇ!!

少し今日は国(政治)の事書いてみます。

韓国 従軍慰安婦問題 橋下 徹 

日韓.jpg

韓国との従慰安婦問題がかなり激しい論議になっています。
韓国のは朴大統領は「今が日本が許しを得られる最後のチャンス」
少し脅迫的にもとらえられる発言をしましたね。

韓国は中国と寄り添い日本を貶めるのか??

朴大統領の「今が日本が許しを得られる最後のチャンス」と強気な発言には、
裏があって策があります。
中国と手を結び一緒に歴史問題で日本を悪者にしようと考えているのです。

中韓が仲良くなればなるほどに日韓の築いてきた有効関係は薄くなる一方でしょう。
そしてそれを一番不快な思いをするのは大国アメリカ

同盟国である日韓のアジア太平洋側の領域を主導するという米国の願望を
実現する手助けになることを望んでいるとアメリカは思っているので、
中韓が仲良くしてしまえばその願望がなくなってしますからです。

橋下徹の従軍慰安婦の発言問題は結局は何がいけなかったのか?

橋下市長.jpg


橋下市長は従軍慰安婦問題での発言で結局は何がいけなかったかと簡単に言いますと、

慰安婦風俗をごっちゃにしてしまったのと、
この慰安婦問題はほかの国でも当然行われていると発言したことやと思います。

では他の国もしているのか?答えはYESです。
第二次世界大戦中は大日本帝国(旧日本軍)だけではなく、
アメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、 ドイツ軍その他も同じことを言えるでしょう。

韓国もベトナム戦争の時は同じことをしていたと橋下市長は発言しています。
日本だけではないのにこの問題が上がるに連れて、なぜいつも日本だけが悪者になるのか?
何十万人もの女性を強制連行したと韓国が言っているからなんです。

これに対しては河野洋平が認めて謝罪をしていますが、実際証拠はないんです。
その話の内容は櫻井よしこさんが口論していますのでこちらをご参照してください。




これまで謝罪をして経済面でも莫大に支えてきた日本はいったい
いつまでこの歴史問題を繰り返さないといけないのでしょう?
このままでは100年先も同じことを話していると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。